飲食店営業許可

飲食店営業許可申請手続きとは

 カフェ、割烹、パン屋、寿司屋、麺処などのレストラン、食堂、喫茶店などを始めたいと思ったときに必要となるのが、飲食店営業許可になります。

食品の調理や、設備を設けてお客様に飲食させる営業をする場合のも、許可が必要です。

 

飲食店営業許可とは

飲食店や喫茶店など、食品を調理し提供するには、食品衛生法に基づき飲食店営業許可を受ける必要があります。

食べ物による食中毒などを防止するために、細かい施設基準が設けられています。

 

飲食店営業許可を受けるための要件

施設基準

都道府県知事の定める施設の基準に適合していなければなりません。

 

食品衛生責任者

食品衛生法により、各店に1人食品衛生責任者を置かなければなりません。

食品衛生責任者は、調理師、栄養士、製菓衛生師のいずれかの資格が必要です。

資格を持っていない場合は、保健所が実施する食品衛生責任者のための講習会を従業員のうち少なくとも1人が受講、テストに合格しなければなりません。

 

食品衛生管理者(特定の業種のみ)

特定の業種については、食品衛生管理者(医師・歯科医師・薬剤師・獣医師・大学で医学、歯学、薬学、獣医学、畜産学、水産学、農芸化学の課程を修めて卒業した者、食品衛生管理者養成施設での修了者(選任義務のある事業所で3年以上の実務経験の後講習を修了した者)の設置が必要です。

 

特定の業種

全粉乳、加糖練乳、調製粉乳、食肉製品、魚肉ハム、魚肉ソーセージ、放射線照射食品、食用油脂、マー ガリン、ショートニング及び規格が定められた添加物製造業

 

注意事項

過去に食品衛生法に関する行政処分を受けたり、食品営業の停止処分を受けたりしてから2年が経過していない状態では営業許可を受けられない場合があります。

また、お店の営業が可能になるのは、実際に営業許可が下りてからです。交付前に営業を始めてしまうと、食品衛生法違反などに該当してしまいますので、この点も注意が必要です。

 

飲食店営業許可

無料相談受付中!0120-800-589 受付時間 平日9:00~17:30 事前予約の上、土日祝日の面談相談可