自賠責保険請求

自賠責保険請求とは?

自賠責保険の「被害者請求」は、法律に定められている正当な権利です。加害者が示談交渉に誠意を持って応じない場合や、保険会社が無理に示談を進めようとする時には、「被害者請求」を行うべきです。書類の準備や手続きは煩雑であるため、専門家に相談することが良策です。

行政書士が行う具体的業務

自賠責保険に対して,被害者の方が現在の状況から考えて正当な補償を受けるお手伝いをします。例としてそのひとつに「後遺障害等級認定手続き」があります。

 被害者様は,受傷後に病院で治療を受けるのが適当ですが,稀に,ある一定の期間経過後に,症状が一進一退を繰り返すような形で残ることがあります。いわゆる症状固定の状態になると,相手方保険会社から治療を終了して後遺障害の等級認定のご案内が来ることがあります。相手方保険会社のサービスの一環として,被害者の後遺障害等級認定をしてくることを「事前認定」といいます。

しかし,自賠責保険の後遺障害認定基準については、自賠法第16条の三に基づき、原則として労働者災害補償保険における障害の等級認定の基準に準じて行うと定められていますが,詳細は明らかにされていません。そのため、認定基準のポイントをおさえた立証がかなわず、本来の等級よりも低い評価(非該当も含めて)となってしまうことが多々あります。

 そこで,私たち行政書士が,被害者側の申請代理人として,被害者様にとって有益な立証資料を収集したり,書類作成のアドバイスをしたり,といったお手伝いをいたします。

 

自賠責保険請求

無料相談受付中!0120-800-589 受付時間 平日9:00~17:30 事前予約の上、土日祝日の面談相談可