契約書等作成、チェック

契約とは

二人以上の当事者の、申込と承諾という、相反する2つ以上の意思表示の合致によって成立する法律行為、と定義されています。

一口に契約といっても、その内容は、売買・交換・贈与・貸借・雇用・請負・委任・寄託など、とても多種多様です。

 

契約書を作成するメリット

①契約の成立・契約の意思が明確化される

②紛争トラブルの予防になる

③契約を履行する際の手引きとなる

④トラブルが生じた際の証拠となる

 

契約書を作成しておくことで、契約をしたことが明確に出来ます。また、これによって、紛争の未然予防が出来ます。問題が生じた場合には、双方で取り交わした契約書の内容が合意した内容として重要な効力を持ち、紛争が生じた際にも、取り交わした契約書の内容を解釈して判断することが大半です。そのため、一字一句を書き損じたり、重要な条項を記載しもれたために損害を負う事も珍しくありません。また、契約自由の原則と言っても、保証契約は書面でしなければ効力がないと定められており、PL法(製造物責任法)や消費者契約法・借家借家法など、契約の自由が制約されている分野においては、契約自由の原則が否定され、契約内容が無効となる場合もあります。

ご自身で新たに作成しようとする契約書はもちろん、既存の現在使用している契約書に不備や問題は無いのか、はたまた取引先企業や私人間での契約相手などから提示された契約書の条項(契約内容)について、不備や問題がないのか、一度確認することをおすすめします。

契約書等作成、チェック

無料相談受付中!0120-800-589 受付時間 平日9:00~17:30 事前予約の上、土日祝日の面談相談可